総量規制対象外のキャッシングの特徴とは?

総量規制対象外のキャッシングの特徴ですが、これはもちろん総量規制の影響を受けないということが特徴となります。基本的に、総量規制ではその人の年収の三分の一を越えるような借入ができません。これは、逆に言うと総量規制対象外のキャッシングでは、年収の三分の一を越える借入も可能だということです。当たり前のことですが誤解のないように念押ししておきますと、総量規制対象外のキャッシングだからといって年収の三分の一を越えるような借入でも絶対にできるという保証があるわけではありません。
規制対象のキャッシングでは絶対に無理だけれども、総量規制対象外のキャッシングなら可能性があるというだけのことです。
具体的にどのようなものが総量規制対象なのかというと、最も分かりやすく身近なものは消費者金融でしょう。このような金融機関から借入をする場合は、他の同様の金融機関からの借入も含めて、合計して年収の三分の一が上限となり、それ以上は断られてしまうことになります。
一方で、どのような金融機関が総量規制対象外なのかといいますと、これは銀行が最も分かりやすい例です。最近は銀行でもキャッシングできることがいろいろなシーンでアピールされていますし、実際に利用したことのある人、利用を検討したことのある人も多いでしょう。銀行と消費者金融では規模やイメージが異なるというだけではなく、現実論として総量規制の対象なのか対象外なのかという違いもあるのです。